高級ソープという名の楽園に導かれし者たち

ソープランドの伝承と進化が見える雄琴

ソープランドの伝承と進化が見える雄琴

日本全国には多くのソープ街が存在し、それぞれに独自進化を遂げています。
各地域の街の特性や、そこに住む男性の価値観などにも適合しながら、より地域客に愛される経営努力をした結果だといえるでしょう。
その中でも、関西に位置する、滋賀県「雄琴ソープ街」は、他に類を見ない個性が突出しており、近隣県の男性からの人気を不動のものとしています。
全国的なソープ街から見た、雄琴の特性などを見てみましょう。

●古き良き伝統が残るソープ街雄琴

雄琴の歴史は、そのまま「ソープランドの歴史」といってもよいほどに古くから街が存続しています。
そして、新旧交代の激しいソープ業界の中で、いまだに「伝統的な慣習・プレイ」も息づいているのです。

こういった古い伝統をほとんど捨ててしまった吉原や福原とは違い、昔ながらのソープファンでも心から楽しめるようなソープ店がいまだに何店舗かは営業するソープ街なのです。
全国に目をやってみると、マイナーなソープ街は別として、大型の街としては、岐阜県の「金津園」や、博多の「中洲」なども伝統的で優れたソープ街だといえるでしょう。

●最先端のソープ店も増えつつある雄琴

雄琴は伝統的なソープランドも存続していますが、吉原や福原に匹敵するような最先端なサービスを提供するソープ店が増えつつあります。
性感系、コスプレ系、学園系、イメクラ系など、現代の若者に人気の風俗ジャンルと、重厚なソープランドのサービスを添加したハイブリッド型のソープジャンルです。
前述の「伝統的なソープ」と、後者の「最先端のソープ」が融合していることが、雄琴の客層が幅広いことの理由です。

●雄琴に伝統と最先端の両方がある理由

雄琴がなぜ、「伝統」と「最先端」の相反する形態を融合させることができたか?それが謎です。
他のエリアでは、必ずどちらかにバランスが傾いてしまう傾向にあるのですが、雄琴ではそうならなかったのです。
理由の一つとして考えられるのが「他業態の影響を受けなかった」ことです。

他業態とは、ピンサロやヘルス、エステやデリヘルのことです。

雄琴はとんでもない田舎町に立地し、ソープ街の中には繁華街もなく、ピンサロやヘルスもありません。
あるのは「ソープランド」のみというのが特徴的です。

他のエリアのソープランドならば、ライバルはソープ店だけではなく、ソフト系風俗も視野に入れる必要がありますが、雄琴では「伝統ソープVS最先端ソープ」の戦いだけです。
しかし、もともとお客自体の層が違うため、競争も非常に穏やかです。

ようするに、小さなソープ街の中での「住み分け」ができているということになります。
この特殊な立地条件こそが、雄琴をハイブリッド型のソープ街にした大きな理由だと考えられるのです。


いかがでしたでしょうか?
伝統的なソープスタイルは、中年以降の落ち着いた客層に愛され、そして最先端なソープスタイルは、若く強い刺激を求める客層に愛され、雄琴は今も現在進行系のソープ街だといえます。
逆に言えば、雄琴だけであらゆるスタイルのソープスタイルが楽しめるとあって、今なお西日本在住のソープファンの羨望の的となるソープ街なのです。